鎌ヶ谷カルチャーセンター
 modern墨絵
和紙に描く水彩画講座


鎌ヶ谷カルチャーセンターにて、現代墨絵の講座を開講しております。
こちらの教室では、アメリカで行った墨絵ワークショップでの経験を受け継ぎ、基礎的デッサン力などを重視した自宅教室とは一線を画し、「落書きからはじめる自己表現」と言うテーマで、より自由な発想で気軽に絵を描いていただくことに主眼を置いた講座にしようと思っております。

下の授業概要は講座のHPから引用したものです。

お問い合わせは

【鎌ヶ谷カルチャーセンター】

千葉県鎌ヶ谷市鎌ヶ谷1-8-2 鎌ヶ谷大仏駅ビル4階
新京成線 鎌ヶ谷大仏駅、改札出てすぐ右手です。  

047-441-8211

下のバナーをクリックすると鎌ヶ谷カルチャーセンターのHPがご覧いただけます。


 

■□■授業の概要■□■
 
講座リニューアルについて

2006年6月より、「modern墨絵」講座は、講座名を改め、「modern墨絵・和紙に描く水彩画」講座としてリニューアルする事となりました。 
講座開設時より続けて参りました「新しい墨絵の可能性の模索」と言うテーマはそのままに、より発展的に、「墨も水彩画の絵の具の中のひとつ」と言う大きな視点にたって、墨絵の枠にとどまらない自由な発想で引き続き活動をしてゆこうと考えております。


 
この講座で何を学ぶのか?

【絵画教室とはどんな場所なのか?】 

皆さんは絵画の教室とはどのような場所とお考えでしょうか? 
・・・この問いに対して、「お料理教室のように、絵の『描き方=レシピ』を習うところ」とお考えでしたら、それは間違いではないでしょうか?。 

なぜなら・・・「絵画には既存のレシピなど存在しない」からです。

また、絵画には「共通・普遍の価値観」みたいなものもありませんので、同じモチーフを扱ったとしても「百人に百様の表現」があって然るべきで、教える立場にある講師の価値観や方法論に習って上手に作品が仕上がったとしても、それは講師の考えを代弁しただけに過ぎません。 

つまり、「描き方を習う」のではなく、モチーフを自分なりにどう描くか?という、「レシピそのものを考えること」こそが絵画の本質であり、それをサポートするのが絵画教室の役割なのではないでしょうか? 

当講座では、同じモチーフを描いたとしても、繊細な日本画風の写生を元に描いていく方や、大胆な色使いでモダンアート風に描く方、モチーフの形体を抽象化し構成的に描く方、、、などなど、皆さんそれぞれが全く違う表現方法で描いて居られる状態を理想としておりまして、講師は皆様のそんな個性に着目し、「弱点を補う」のではなく、「弱点も個性の一つと捉え、長所を伸ばす」よう努力し、講師自身も生徒の皆さんの自由な表現に刺激を受け、互いに成長できるような環境をつくってゆきたいと考えています。


【落書きから始める自己表現】 

そもそも、講師の私は、基礎的なデッサンや写生からアカデミックに絵画を学んで来ましたので、絵画を描く上での基礎力の大切さは痛感していますが、それと同時に「デッサン力を身に付けたからと言って良い絵が描けるという訳けではないのでは?」という疑問も身に沁みて感じます。 
そんな疑問を持ちアメリカに新たな活動の場を求める中で、「自由に描くことの楽しさ」を学んだ訳ですが、その大きなきっかけになったのが、アメリカの画廊での「墨絵」との出会いでした。 

当講座では、そのような「描くことの楽しさ」を皆さんにも感じていただきたいと思って居りますので、敢えて基礎的なデッサンなどには構わずに、「先ずは落書き感覚で描いてみる」と言うのをモットーとして居ります。 

絵は、物心つかない小さな子供でも描くことができるものですから、基礎知識や経験がない方でも、きっと何かが描ける筈ですし、何枚か描いているうちに自然と個性は出てくるのではないでしょうか?


  

【日本画的墨絵?】 

講師であります私は日本画科出身で現在も日本画を描いており、和紙と墨という 
古来から伝わる伝統的な素材を「日本画の材料のひとつ」として捕らえ、新しく自由な墨絵表現を模索しております。 

当講座では、私のそんな模索の中から考え出した様々な技法などもご紹介して、新たな発想のきっかけにしていただきたいと思う訳ですが、、、。 

そのひつとつが、「糊」を用いた「白抜き技法」です。 
布のように墨が沁み込むという和紙の独特な特性を利用し、友禅染のように白線を染め抜く技法です。これにより、白黒の反転した表現が可能になります。 

また、新たな「水彩画講座」という視点におきましては、より手軽に「日本画的墨絵表現」を体感していただける「アクリルガッシュ」という、不透明水彩絵の具を主に使用していただいて居ります。  

当初より、この講座では実験的な試みとして墨と絵の具を併用した作品を研究してきましたが、そんな過程で様々な絵の具を試した中で、この「アクリルガッシュ」と言う絵の具は、上記のような「白抜き技法」の為の「糊」としても利用や、また、日本画風の重ね塗りに用いる事も出来るなど、その利用度の高さと扱いやすさから、皆さんが使うようになったものです。