用意していただく画材(鉛筆デッサン)
1.鉛筆
滑らかで、描きやすい物。(ステッドラー・ユニ等)
必要な硬さは、2H・H・HB・B・2B・3Bで、主にB・2Bをよく使う事になると思います。

2.練りゴム
柔らかい物の方が微妙なニュアンスが出ます。イージークリーナ(I・Z クリーナ)と言う練りゴムが、使いやすいです。

3.ガーゼ
鉛筆の調子を、整えたりぼかしたりするのに使います。普通のガーゼハンカチで充分です。

4.羽ぼうき
鉛筆や消しゴムの粉を払う他、微妙な鉛筆の調子を整えるのにも使えます。

5.計測器具
自転車のスポークのような棒状の物と、構図を決めるのに使うデスケルという器具があります。

6.フィクサチーフ
(定着剤)描き終えたデッサンが擦れたりして、調子が鈍くなってしまうのを防ぐスプレーです。
 

7.スケッチブック
スケッチブックはF6〜F8号で、「画用紙」の物を使います。表面のザラザラした「水彩紙」のスケッチブックなどが有りますので、間違わないように注意してください。
 


 

用意していただく画材(水彩)

1.絵の具
絵の具は基本的には、不透明水彩(グァッシュ)を使います。経験してゆくうちにそれぞれ使いやすい物が変わってゆくと思いますが、最初は「固形岩彩」という日本画様の水彩絵の具を用意してください。
白の絵の具はよく使うので、固形岩彩とは別に、大きなチューブ入りの物を持っていると便利です。

2.筆
日本画用の、彩色筆(一般色塗り用)、平筆(広い面積塗り用)、面相筆(細かい描写用)が必要です。彩色や平筆は、竹製の軸で、白い柔らかい毛の物がいいです。面相は、茶色の毛のコシが強い物がいいです。

3.パレット・お皿
日本画はパレットの代わりに、お皿を使います。それに馴れるためにも、お皿を使っています。画材屋さんに日本画用のお皿が売っています。勿論、パレットを使っても構いません。

4.筆洗い
筆を洗うバケツです。これは教室で用意した物を使ってください。

5.雑巾
筆を綺麗にするだけでなく、筆に含ませる絵の具の水分を調整するのに重要な役割をします。普通のタオル地の物でいいです。