教室の特徴

【1:少人数制】
定員5〜6人の少人数制なので、きめ細やかな指導が出来ます。

【2:個人教室】
自宅個人教室ですので、家庭的な雰囲気でのびやかに学べます。

【3:基礎重視】
基礎から丁寧に指導しますので、進歩を確実に感じ取ることが出来ます。
 

指導の方針

何年も絵画教室に通っているのに、何故か?進歩が無いと感じられている方は多いのではないでしょうか?

別の教室から移って来られた生徒さんに伺いますと、例えば、「何をやっても自由で「あなたの好きなように書けば良いです」と言うような放任派の教室で、何をやっていいのか判らずに無為に過ごしていた」・・・という方や、 また、あるいは、「とても厳しく注意をされるのだけど、先生の顔色をうかがって、ただ怯えているだけだった」などなど、、、様々な教室に通っていたけれど、なかなか上達しないので新しい教室を探していた、、、というようなお話しをよく耳にします。

私は、いずれの先生のお考えにも一理はあると思います。

絵画とは自由な物ですから、例えそれを教える立場にあっても、「これが正解だ!」と、自分の価値観を生徒さんに強制するのは間違いです。
だからと言って、「自由」を重んじすぎてしまうと、教室に通う意味もなくなってしまいますから、厳しい教えが必要な場面もあると思うのです。
 
 

絵画を描いて行く上で大切な要素は二つあります。

一つは「感性」、そしてもう一つは「技術」です。
「感性」は、自由な発想の中で育ち、「技術」は、厳しい鍛錬の中から培われます。

「自由に描く」と言っても、自分が描きたい物を描く力「技術」が無いと何も描く事は出来ませんし、ただ、「絵が上手くなりたい」と思って練習を重ねても、そこに感じる心「感性」が無いと、魅力的な作品は描け無い訳で、、、「技術」と「感性」の両方をバランスよく磨く事によって、初めて、「本当の自由」を手にする事が出来る訳です。

私の教室では、入門時には経験の有無に関わらず、一定期間は必ずデッサンの基礎を学んでいただく事にしています。

教室に来られる生徒さんは、全く経験がなく中学校の美術の授業以来一度も筆をとった事が無いと仰る初心者の方から、水彩画や油絵などの他の教室を経て来られた経験者の方、趣味で絵画以外の専門をお持ちでデッサンを学ぶために来られた方、、、等々、様々な経歴をお持ちですが、どのような目的に対しても基礎になるデッサンは同じです。
そこで、ある程度の基礎訓練をしていただいた上で、後は各個人の目的に合わせ、自由な課題に取り組んで頂いております。

また、少人数制の特徴を生かし、課題やモチーフ等は各個人に別々にご用意させていただきますので、ご自身のペースで納得の行くまで作品を仕上げていただけますので、他の生徒の方に気を遣ってペースを合わせたり、気に入らないモチーフを仕方なく描くような事はありません。
私も、できるだけ生徒さんのパーソナリティーを理解し、個性を伸ばす指導を心がけて居りますので、安心して学んでいただけると思います。

そして、趣味で学ぶ絵画ですから、生徒さん皆さまが、それぞれちがったスタンスをお持ちだと思います。
県展などの公募展へのご出品を目指して頑張っておられる方や、絵を通じてお友達との交流を深めたいという方。
お仕事や受験などに、デッサン的な勉強が必要という方も居られました。

私は、そのような様々な生徒さんのスタンスを尊重し、マイペースに学んでいただきつつ、お互いに刺激し合いながら交流して頂ける様な場を作れたらうれしく思います。

Homeへ